http://progressacademy.co.jp/school/higashi/images/img_catch.jpg

「高速診療」と聞いて、勘違いをされる先生もおられるかもしれません。

それは、保険診療の治療を雑に、素早くこなして、1日に対応できる患者数を増やしましょう、といった勘違いです。

高速診療は、このような粗悪な診療を展開するノウハウではありません。

むしろ逆です。

高速診療とは、1人でも多くの患者さんへ、質の高い保険診療を短時間で提供し、患者さん満足を高め、スタッフと先生のやりがいを高め、収益をアップさせる方法です。

つまり、1人でも多くの患者さんへ、より良い治療を提供するためのノウハウです。

もともと、「高速診療」は、東先生が、1人でも多くの患者さんへ、より良い保険診療を提供するために開発されたノウハウなのです。

今回の治療技術を手に入れると、チェアーや勤務医を増やさず、診療時間を長くすることなく患者数を増やせます。

その理由は、東先生の高速診療は、医院で頻繁に取り扱う治療について、治療の質を高めながら、治療時間を大幅に短縮できる治療技術があるからです。


■講習会参加特典
今回のセミナーお申し込みいただいた先生は、東先生から30日間のFAXサポートが受けられます。ですから、万が一、セミナーで学んだことを実践する中で、わからない点や不安に思う点が出てきても安心です。

■キャンセル返金保証
たとえ、セミナー当日であっても、参加料金を7日以内に全額返金いたします。 クレジットカードでお申込みされた先生には、セミナー参加料金とは別にかかるキャンセル料や決済料金もすべて、当社が負担させていただきます。 また、お振込みでお申込みされた先生には、セミナー参加料金とは別にかかる振込手数料もすべて、当社が負担させていただきます。 もちろん、事務手数料なども一切かかりませんので、ご安心ください。

申し込み締切日:2018年02月07日

高速診療 実践アカデミー

セミナー詳細

p1
初心者 上級者
少人数 大人数
スタッフ向き ドクター向き

■講義編
まずは、高品質な保険診療を手際よく行うための治療技術について講義があります。この講義で得られる新たなアイデア、ノウハウを実践するだけで、先生は、他院よりも短時間で、クオリティの高い保険診療が実践できるようになります。

・CR隣接面形成
・In形成
・抜髄
・抜歯 ①分離鉗子による抜歯
・抜歯 ②残根抜歯
・抜歯 ③半埋伏抜歯
・抜歯 ④歯冠削合
・補綴 ①メタルコア除去・形成・調整
・補綴 ②FCK形成・調整
・補綴 ③ブリッジ形成
・補綴 ④TEK(シェルテック・他)

■実技編
今回のセミナーにおける、メインとなりますが、東先生の医院にあるチェアーを使いながら、高速診療の具体的な治療技術を、実習形式で習得していただきます。チェアーは合計7台。チェアー1台につき、歯科医師2名のペアで実習していただきます。ですから、実習中、先生に暇な時間はありませんが、歯科医師側、患者側の両側から高速診療を経験できることも、大きなメリットです。

・抜髄
・残根抜歯
・半埋伏抜歯
・メタルコア調整
・FCK・ブリッジ形成
・TEK(シェルテック・他)

高速診療 実践アカデミー
形態 実習
講師
東 正也 先生
日程 ■1日目
2018年02月11日(日) 13:00~19:00
■2日目
2018年02月12日(月) 10:00~16:00
日数 2日間
内容 ■1日目
12:00 受付
13:00 高速診療理論
     ・CR隣接面形成
     ・In形成
     ・抜髄
     ・抜歯 ①分離鉗子による抜歯
         ②残根抜歯
         ③半埋伏抜歯
         ④歯冠削合
     ・補綴 ①メタルコア除去・形成・調整
         ②FCK形成・調整
         ③ブリッジ形成
         ④TEK(シェルテック・他)
19:00 初日終了
19:30 懇親会(費用は受講料込みとなります)

■2日目
10:00 高速診療実技
     ・抜髄
     ・残根抜歯
     ・半埋伏抜歯
     ・メタルコア調整
     ・FCK・ブリッジ形成
     ・TEK(シェルテック・他)
12:00 昼食(※昼食はご用意します)
13:00 高速診療実技
16:00 閉会
参加費 \180,000 (税込\194,400)
会場
医療法人 ひがし歯科医院
定員 14名

講師プロフィール

p11

東 正也 先生

1人でも多くの患者さんに、安価でレベルの高い治療をしたい。という想いを抱き「高速診療」を開発する。 そのノウハウは、保団連全国大会など数多くの歯科医師向けセミナーで発表され、多くの歯科医師に影響を与える。 また、高速診療を取り入れることで、ドクター1人、周りに民家のない田舎でも、年商1億円。ドクター2人で年商1,4億円、自費率53%などの実績をだすことに成功している。

会場詳細

会場名
医療法人 ひがし歯科医院
住所
〒861-3102
熊本県上益城郡嘉島町下六嘉1878-3
電話
アクセス
JR熊本駅からタクシーで東南へ21分 ※秋津レークタウン市営団地前、ファミリーマートの横です。

主催

主催企業名
株式会社 プログレスアカデミー
住所
〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目11番4号 大阪駅前第4ビル923号-555
電話
0120-826-770

参加者の声

満足度120%

机上の空論だけでなく、即臨床実施に生かせるセミナーと期待し、遠方からでしたが、参加させていただきまして満足度120%でした。セミナー、実習だけでなく懇親会で薬師の先生や他の参加された先生方と様々な悩み、気付き、学びを共有でき、臨床医として人間として大切なことを経験できてとても有意義でした。ありがとうございました。ぜひ機会をみつけて、また、参加させていただきたく存じます。

(S.A先生)

楽しく学べてとても有意義でした

ハツズイスピードアップをはじめ、コア除去、TEK、EXTなど、臨床にすぐに生かせる技が楽しく学べてとても有意義でした。ありがとうございました。臨床の高速テクニックに感動し、医院の運営の仕方に感嘆し、東先生の生き方に驚愕し、色々なヒントをいただいて、とても楽しく有意義な2日間でした。本当にありがとうございました。また良い企画があれば、ぜひご紹介ください。よろしくお願いいたします。

(J.O先生)

スムーズな治療に繋がる

「例えば40年間、健康な状態を維持させてハッピーな人生にするための治療をするということでいいですか?」と治療の始めに約束させることが大事だと思いました。既に待合室に同じような内容が貼ってありますが、今ひとつ治療の内容(徹底した治療)がハッピーと繋がらない様子なので、その治療がハッピーにつながることをアピールしていくことが大切だと思いました。あと結局、自己流に近い間違ったことを直すことがスムーズな治療に繋がるのだとつくづく思いました。改善していきたいです。

(M.K先生)

効果的かつ安全な診療

どうやったら効果的にスムーズに診療できるか? 効果的かつ安全な診療、無駄なことはしない。

(牛尾 暢宏先生)

気付きが多くありました

患者さんとの対応に関して新たな気付きが多くありました。歯科に携わるすべての人が幸せになれるよう、バランスを取りながら努力していく勇気をいただきました。

(J.T先生)

多くの処置、患者数をこなせるようにしたい

診療スピードが遅く、診られる患者数が少なかった。このセミナーを受講して何もしていない時間を少しでも少なくすることで、多くの処置、患者数をこなせるようにしたい。

(T.K先生)

メタルコア除去方法

メタルコア除去方法(なるべく大きいバーを使う診療の効率化)、勤務医の確保についてと勤務医を迎え入れるための心構え、分離鉗子の使い方。

(S.H先生)

大変ためになりました

患者さんにとって貢献すること、味方になることを目指して、高速で質の高い治療を提供するノウハウをとても細かいところまで講演していただけて、大変ためになりました。ありがとうございました。

(松元 教貢先生)

要素が分かりました

自分の手技のロスタイムが良く分かりました。ポジショニング、コアの調整など、コアの除去は時間が掛かっている要素が分かりましたので、実践してみようと思います。

(川津 充生先生)

明日からの診療に役立つ器具

スタッフとの関係構築に悩んでいたところ、ご指導を賜り、ありがとうございました。明日からの診療に役立つ器具等はすぐに購入したいと思います。

(藤島 輝幸先生)

ブランディングの徹底

ブランディングの徹底、およびスタッフの意識、手技の向上。

(鹿瀬 直樹先生)

患者さんに浸透させることに努力を惜しまない

技術はもちろんのこと、院長の理念をスタッフ、患者さんに浸透させることに努力を惜しまない。患者さんに医院のコンセプトをよく理解していただき、ファンにしてしまうように明日から取り組んでいきたいと思います。色々見させていただきありがとうございます。

(T.K先生)

明確に分かりました

今後何が必要か、方向性が自分の中で決まっていくのを感じました。1人で向上していかないといけない点、他の人の力を借りていかないといけない点が明確に分かりました。

(H.F先生)

非常に満足しています

今までできないことについて、上手にやりたいと思っていた実技に対する回答が見つかり、非常に満足しています。CRの隣接面の充填は苦手だったので、今回の講習会を機に実践に役立てたいと思います。

(K.W先生)

すてきな2日間でした

基本ができていなかったので、基本から学ばせていただきました。途中の質問にも気軽に答えてくださり、先生ご自身の医院か会場で、器具や作成された資料などの情報を惜しみなく提供していただきました。先生のお人柄がふんだんに反映されたすてきな2日間でした。ありがとうございました。

(Y.I先生)

率よく診断するための技術を習得できてよかった

基本をあやふやにしていたところもあったので、今回、ひと通りの復習と効率よく診断するための技術を習得できてよかったです。また、自分ができていなかったところが正確になったので、今後は、今回の技術を生かした患者さんのための診療を心がけていきたいと思いました。形成等、ほんのちょっとの工夫で大分変わるので、驚いています。2日間でこの充実した内容は本当にお得だったので、内容が異なるものがあれば、また受講したいと思いました。

(M.Y先生)

正確に手早く作業できるようにしたい

フットペダルをフルで踏む! 抜髄も「今はこれをするため」という基本の順序を正確に手早く作業できるようにしたい。コア形成のとき、#4のバーから使い、辺縁の形成もするようにします。残根、半埋状歯の抜歯でも歯根膜腔にCR研磨バーも歯に沿わせて入れることアンダーカット部(歯冠部)を前の歯冠に沿わせて削ることにします。CR、インレーには必ず維持部をつけます。患者さんに「自分はあなたにおいしくご飯食べれたり、快適な生活ができるようにしたい」ということをしっかり説明します。

(Y.K先生)

とても勉強になりました

経験がないから遅いというのが、間違いだと気付けました。すぐ速くなる人はすぐ速くなるし、変わらない人はずっと変わらないので、なぜ遅いのか、どこでみんなつまづくのか、ポイントを絞って教えていただけて、すごくわかりやすかったです。また、質問したとき、惜しむことなく、自分の診療所のことなども答えてくれてありがとうございました。とても勉強になりました。

(J.Y先生)

高速診療が成り立っている

マニュアルで治療の細部までキチンとまとめられていることが、ひとつひとつの治療のスピードとあいまって、高速診療が成り立っていると感じました。東先生の歯科医療に対する考え方と取り組みに触れて良かったです。

(M.I先生)

ぜひ実践してみたいです

処置のリズム(スピード感)を掴むことができたと思います。スーパーファイン法はぜひ実践してみたいです。

(T.S先生)

同じように実践してみたい

抜髄のときに行う術式やスピードに悩んでいたが、使用するバーや方法などを理解することにより、これならスムーズにスピードアップがはかれると思うので、ぜひ、同じように実践してみたい。また、先生の考えで、マインドがあってスキルがあるのは確かにそうだなと、とても共感しました。

(山口 和郎先生)

原因が講習で気付けました

自分の治療の遅い原因が講習で気付けました。これからは東先生の教えを活かして早く良質な医療を提供したいです。

(H.K先生)

内容が濃いです

自分流のやり方の修正ができるような気がします。卒後25年ですが、これでいいとやっていたことは、もう少しこうしないといけないというところがかなりありました。他の先生との話で、それぞれの先生の治療方法の照らし合わせは必要と思いました。とれるのは当然であり、しょうがないと思っていたことは、やっぱり当然でした。こうすればいいということが分かりました。自分の治療のバージョンアップは特に必要であり、続けていかないと…会議室のセミナーより診療室のセミナーではないといけないし、内容が濃いです。

(Y.K先生)

明日からの臨床に活用することができる

実習することで明日からの臨床に活用することができると思います。高速診療の根本を学ぶことができて大変良かったです。

(M.M先生)

理解することができました

ビデオを見て悩んでいたことが理解することができました。高速診療の意味を教えていただきありがとうございました。

(N.A先生)

自分の気持ちを伝える

何でも用意しとく。患者さんに自分の気持ちを伝える。

(N.F先生)

どんどん使ってみようと思います

スーパーファインで抜歯(以前から細いバーでぐるりと削ってはいたんですが、しばらく辞めました)メタルコア除去兼松式鉗子をどんどん使ってみようと思います。

(N.I先生)

効率を追求すること

埋伏抜歯が簡単にできることが分かり、今後、簡単な症例からやってみようと思った。とにかく高速診療とは時間短縮のために効率を追求することだと分かり、診療に対する姿勢が変わりそうだと思った。とにかく効率重視でやります。

(M.E先生)

ページトップへ戻る