エリア:関東・甲信 / 申込締切:2018年08月22日

患者が治す!顎関節症・改善指導アカデミー

西村孔司

シンプルな検査・診断・治療法で、顎関節症の病態と病因を2~3ヶ月で治す方法


▼セミナーの内容


☑TCHの改善が顎関節症完治への架け橋となる 1
・顎関節症の概念、病態分類、病態診断法
・TCH(歯列接触癖)とは、TCHのきっかけ、TCHの定着
・TCH是正にこだわる理由 ・TCH是正による副次効果
☑TCH の改善が顎関節症完治への架け橋となる 2
・TCH有無の判定法 ・TCHの是正法
・リハビリトレーニング ・経過中に受ける質問と回答
・その他の治療法 ・質疑応答
審査、顎運動と口の状態、診察結果・改善法説明【デモ・実習】

初心者 上級者
少人数 大人数
スタッフ向き ドクター向き

エリア:関東・甲信 / 申込締切:2018年09月12日

今日からできる!ベンディング不要の GP ワイヤー矯正アカデミー

300件以上の矯正を手掛けるGPが開発した、今日からできる! ベンディング不要のGPワイヤー矯正アカデミー


▼セミナーの内容


? はじめに ( 自己紹介・問題提起・今日のゴール)
? 今日からできる!GP 向けの矯正症例について
? ワイヤー矯正を簡略化する図式
? ワイヤー矯正を簡略化するためのツール
? バンドの代わりに使用できるツール(使い方はシンプル)
? 結紮より簡単にワイヤーを取り付ける方法
? ブラケットやワイヤーによる粘膜の傷を防ぐ方法
? ブラケット装着の秘訣
? シンプルなボンディング方法
? O リングの取り付け方とコツ
? ワイヤー装着のコツ
? 正中離開と叢生の混合症例
? パワーチェーンを活用した、正中離開の矯正方法
? 叢生のキビシイ歯には、どのようにアプローチすべきか?
? 叢生の矯正(どうすれば抜歯せずに矯正できるか?)
? ディボンディングのコツ
? オススメの保定装置と方法について
? ベンディング不要のワイヤー矯正…(上顎前突症例)
? ベンディング不要のワイヤー矯正…(開咬症例)
? エステティックゴムを活用した、歯を引き寄せる方法
? 牽引を優位に進める方法
? 動かしたい歯のみを動かす方法

初心者 上級者
少人数 大人数
スタッフ向き ドクター向き

エリア:九州・沖縄 / 申込締切:2018年07月04日

子供に大人気!小児予防歯科診療アカデミー

年間医業収入2億円を突破したいクリニックのための小児歯科で安定経営を実現する方法



▼タイムテーブル
11:30 開場(※昼食は早めにお済ませください) 12:00 不採算にならない小児歯科治療の診療システム 13:30 浸潤麻酔、ラバーダム防湿、笑気吸入鎮静法の実際 14:30 患児をその気にさせる「Tell show do」法と絵本の活用 15:30 衛生士に受けさせたい絵本の読み聞かせ実習 16:30 質疑応答・総括 17:00 閉会

※衛生士さんもご一緒にご受講ください… 今回のセミナーは、小児患者のコントロールがノウハウの肝のひとつとなっています。今後、小児歯科に力を入れたい先生や、差別化をお考えであれば、院長先生だけのご受講ではなく、実施の鍵となる衛生士さんもご一緒にご参加していただくことをオススメします。 DH:10,800 円 ( 税込 )  

初心者 上級者
少人数 大人数
スタッフ向き ドクター向き

エリア:関東・甲信 / 申込締切:2018年06月06日

実践的 MI 治療!う蝕別導入アカデミー

22年の実績に裏付けられたMI治療の導入法、治療技術、提案法がオールインワンで学べる


▼タイムテーブル


11:30 開場(※昼食は早めにお済ませください)
12:00 はじめに・MI 治療のメリット、デメリット
13:00 治療計画と手順をう蝕進行度別に説明
14:45 全体的な MI 治療の提案方法とマインドリセット
15:45 症例紹介
16:15 まとめ・質疑応答
17:00 閉会

初心者 上級者
少人数 大人数
スタッフ向き ドクター向き

エリア:中国 / 申込締切:2018年06月27日

難症例も対応できる! 下顎総義歯のリライン調整アカデミー

遂に公開! 義歯作製3,000人の実績から導き出された、 外れない、痛くない、よく噛める義歯調整の秘訣とは?


▼セミナーの内容


? はじめに ( 自己紹介・問題提起・今日のゴール)
? 歯科の現状・軟質リライン義歯とは
? その機能的効果・分類
? 軟質リラインの選択・製作方法
? 使い分け
? 実習
? 質疑応答
? 閉会



硬い素材の義歯では、痛みなどで悩まれている患者さんは多くいらっしゃいます。
「痛い」「噛めない」「外れやすい」という義歯の悩みを解決する方法として、
リラインは超高齢化社会の義歯診療の症例拡大となります。

初心者 上級者
少人数 大人数
スタッフ向き ドクター向き

ページトップへ戻る